3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る

大和ハウス工業トップ

注文住宅

「家事動線」「収納」「子育て」「明るいリビング」がポイントの建築事例をご紹介。


建築事例

家事動線 収納 子育て 明るいリビング
鉄骨 2階建て 30坪~40坪

あこがれの自宅教室。家族をつなぐ仕掛けのある家

スクラップブッキングの教室で講師をしているNさまの妻。自宅で教室を開きたいという夢があり、アトリエを併設したお住まいを建築。通ってこられる生徒さんに楽しんでもらえて、かつ家族も居心地良く…そんな願いを盛り込んだお宅を拝見しました。

データ

■所在地:山口県
■家族構成:夫婦+子ども2人
■商品名:xevoE
■敷地面積:226.79 m² (68.60坪)
■延床面積:111.99 m² (33.87坪)
/1階:61.43 m² 2階:50.56 m²
■竣工年月:2014年9月

アール状のデザインが上品ナチュラルなアプローチ

内装の上品なナチュラル感に合わせて、外観にもアール状のデザインを採り入れたかった妻。「鉄骨造では無理だと思っていたのですが、実現してもらえて感激しています。色合いを微妙に調整していただけた塗り壁も、お気に入りです」

クロークを備えた広い来客用玄関

スクラップブッキング教室の生徒さんが来ることを想定して、玄関土間は広く確保し、コート類を掛けられるクロークを設置。階段下のスペースを利用して、作品を飾ることができるニッチもつくりました。間接照明を入れているので、空間に広がりも感じられます

明るさ、コミュニケーションにこだわったLD

ご家族の集いの場となるリビングダイニングは、南西側に大きな掃き出し窓と北東側に朝日を採り込む小窓を設けて明るく開放的に。リビングと階段の間の壁に小窓を設けているため、出入りするお子さまたちをさりげなく見守ることができます

視線を遮るカウンターで囲ったキッチン

キッチンは作業しやすいL型に。教室の生徒さんなど来客が多いため、手元が隠れる高さのカウンターで囲っています。ダイニング側には、モザイクタイルと間接照明をあしらったニッチを造作。キッチン奥には、パントリーを設けました。「勝手口ではなく掃き出し窓にしましたが、明るさ、出入りしやすさの点で正解だったと思います」(妻)

上品でナチュラルなアトリエスペース

リビングの南西側は、スクラップブッキングの教室としても使用するアトリエ。塗り壁調のクロス、天井にあしらった梁、ペンダントライトが、上品なナチュラル感を演出。アール状の垂れ壁の奥には、作業に使う道具や材料をしまえる納戸を設けました

セカンドリビングとしても心地いい寝室

教室の日と夫の休日が重なったときは、セカンドリビングになる寝室。ホールとの間はスライド式の建具で仕切っているので、開け放って開放的に過ごすことも可能です。「建具を開ければ風が通り抜けるので、きっと夏場も涼しいだろうなと思います」(夫)

小窓でつながる子ども部屋

2階には、お子さまのための個室を確保。間仕切り壁に設けた小窓は、「消しゴム貸してー」などのやり取りをできるようにと設置。現在は、一人で寝るのがまだ寂しい妹さんが、お姉さんの気配を感じるために「開けておいてね」とお願いしているそうです

子どもの様子がうかがえる、ドア上のアクセント

お子さまの個室ドアの上部には、設計担当の提案でガラスブロックを採用。内装デザインの可愛らしいアクセントになっているほか、灯りの有無で「もう寝たみたいね」など、それぞれの部屋で過ごしている様子をさりげなく知ることができて安心です

モザイクタイルや照明が可愛らしい水まわり

教室の生徒さんたちも使う1階の水まわりは、使いやすさとともに可愛らしさも重視。洗面台の壁面にはモザイクタイルを使い、設計の手島がセレクトした照明や鏡を設置。トイレにも花柄のクロスを張っておもてなし感をプラスしました

家づくりのきっかけ

資金がたまったら、いずれは家を建てたいと考えていたんです。そんな折、両親が所有していた借家を取り壊すことになり、その土地に新居を構えたいと2013年の秋ごろからハウスメーカーのモデルハウスを見学し始めました。

ダイワハウスに決めた理由

手島のファーストプレゼン

夫の同僚がダイワハウスで家を建てたことから「キャトルセゾンの家を見てみたい」と思い、営業担当者を紹介してもらいました。ほかにも数社検討していた中、見た瞬間に夢が広がるような提案をしてくださったのがダイワハウスでした。一回目の提案から、図面だけでなく上手なスケッチまで用意してくださって。ハートをがっちり捉えられてしまいました。

要望&こだわり

スクラップブッキングの自宅教室に通ってこられる生徒さんたちに「わあー!」「可愛い!」と言ってもらえる“よそにはない家”にしたくて。アールのデザインを外観、内観に取り入れ、上品でナチュラルな印象が希望でした。さらに、来客から手元が見えにくいL型キッチンや、教室をしていても家族がくつろげる2階のプライベート空間などを依頼しました。

ダイワハウスの提案

鉄骨造では無理だと思っていたアーチを取り入れたデザインを実現していただきました。入口は一つですが、家族と来客が使うスペースを分けることですっきりさせることができた玄関や動線も、動きやすくて気に入っています。教室も、生活もしやすくて、こうして紹介していただけるほどの住まいになってうれしいです。

住みごこち

生徒さんからも心地いいと言われています

パントリーや各所の収納、スムーズに生活できる動線から、夫が唯一こだわっていたシャワーの水圧などの細部まで大満足しています。動線がよくて動きやすいからか、家族が家事のお手伝いをしてくれるようになりました。夫が食器洗いや家庭菜園まで始めたのには驚いています。生徒さんからは「デザインが可愛い」「床暖房が快適」という声があり、教室の時間が長引くほどです。家族も、自宅教室に通ってくださる生徒さんも、とても快適に過ごせる家です。

Team-xevoとの家づくりを振り返って Team-xevoとは?

家族とスタッフの「チームN」で夢を実現

私たちが一戸建てを建ててもいいのか、建てられるのか、維持できるのかなど、不安になったときに、不安を解消してくださったのがダイワハウスさんでした。イメージを固め、アイディアを出せるようにサポートしていただき、夢を叶えてくださいました。乙女心を理解してくれる設計担当さんはじめスタッフのみなさんに支えられた「チームN」でした。

営業担当/古川尚久

こだわりを実現できるスタッフをアテンド

こだわりが明確だったNさまご夫妻でしたので、鉄骨造では難しいご提案を楽しんで発想する設計スタッフをアテンドしました。完成したお住まいを拝見して、これほど工夫ができるのかと改めて感動。皆さまに見ていただきたいです。

コンセプトは「N’s happy family house」

設計のコンセプトとしていつも考えているのは「○○’s happy family house」。ご家族に合わせた間取りをつくることができれば、幸せになれるはず。その想いから、ご要望に対して「できません」とはなるべく言わず、どうしたら実現できるか一緒に考え、家づくりを楽しんで頂きたいと考えています。

インテリア担当/板野浩子

くつろぎと来客用と、両方を兼ねたお住まい

ナチュラルで、おいでになるお客さまに喜んでいただける内装を希望されていた奥さま。オークの床材に合わせて家具メーカーもご提案し、大人かわいいイメージでコーディネートしました。生徒さんがクリエイティブな発想を楽しむ教室と、ご家族がくつろぐお住まいと、両方を兼ね備えた空間になっていると思います。

工事担当/山下雄太郎

細部に苦心したが、イメージ通りとなって一安心

一番配慮したのは、車両駐車で近隣にご迷惑をかけないことです。また、工事時期に雨が多かったので、部材が濡れないよう気を配りました。そのほか、鉄骨造の住宅ではあまりすることがないアールのデザインや、キッチンカウンターの造作、食器棚を収めるための㎜単位の仕切り壁の移動などにも苦心。苦労しましたが、ご夫妻のイメージ通りに仕上がって一安心です。

※所属等の情報は、取材時のものです。

手島秀典の住まいづくりに対する想いをムービーでご覧いただけます。
  • 上質な住まいづくりをかなえるハウジングマイスター(ダイワハウス社内認定)の資格を持つ設計士が、お客さまの夢やご希望をカタチにしました。

展示場はこちら エリアや外観・内観、展示場の特徴から検索できます。

分譲住宅・宅地 注文住宅用の宅地や分譲住宅を多数用意しております。

建築事例TOP




注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。