中古住宅の購入、住宅の売却、 リノベーション・リフォームは大和ハウスグループのLivnessにご相談ください。

無料査定・売却に関するご相談はこちら

ダイワハウスのオーナーさま向け売却サポート

ダイワハウスのオーナーさま向け売却サポート。

ダイワハウスの物件売却をお考えならリブネスにご相談ください。
売主さまはもちろん、買主さまにもご満足いただける
安心で高品質な住まいの売却をサポートいたします。
住まいの付加価値を考え、ご希望を叶える売却プランをご提案いたします。

  • 戸建ての売却をお考えのオーナーさま
  • マンションの売却をお考えのオーナーさま

安心して住み継ぐ住まいを スムストックによる売却安心して住み継ぐ住まいを スムストックによる売却

スムストックとは、住宅の価値を売る人から買う人へつなぐ安心と信頼のブランドです。
住宅メーカー10社が運営している"一般社団法人優良ストック住宅推進協議会"によって決められた
一定の条件をクリアした良質な既存住宅のみが「スムストック」として認定されています。
優良な日本の住宅を、永く社会の共有資産として住み継いでいくために。
住まいの価値を正しく評価し、大切に永く住み継いでもらうために生まれたのが「スムストック」です。

ダイワハウスの物件売却は
リブネスにお任せください。

無料査定・売却に関するご相談はこちら

スムストックの認定条件

スムストック 3つの原則。スムストック 3つの原則。

1.住宅履歴の完備

「住宅履歴」とは、人間でいうと病院のカルテのようなもの。新築時の設計図から、リフォームを行った箇所、工事の方法や定期点検の結果にいたるまで、スムストックはその住まいのあらゆる情報がしっかり整理・保存されていることが、条件のひとつとなっています。

2.50年以上の点検・保守に対応する住宅

永く住み続けられる住宅であるためには、定期的に点検を行い、必要に応じて適切な補修を実施することが欠かせません。スムストックは、50年以上の長期点検・補修制度によって安全性と快適性を守り続けられる住まいであることが条件となっています。

3.新耐震基準をクリア

日本で暮らす以上、地震を避けることはできません。大きな地震にも負けない耐震性は、最も大切なポイント。スムストックは建築基準法で定められた耐震性能(新耐震基準)をクリアし、いつまでも安心して暮らせる住まいでなければなりません。

ダイワハウスの住まいで3つの原則をクリアした住宅です。

※1981年6月1日以降に当社の鉄骨工業化住宅をご契約いただいた住宅、
及び2001年4月1日以降に当社の木造住宅にご契約いただいた住宅

スムストックの査定

スムストック査定 3つの手法。スムストック査定 3つの手法。

1.建物価格と土地価格を分けて表示

一般的に販売時は総額表示されるケースが多い中、「スムストック」は、建物と土地の価格を別々に表示します。それぞれに価格が明確になることで建物・土地それぞれの価格が妥当かどうかの判断がしやすくなり、信頼性も高まります。

2.構造と内装を分けて査定

一般的に、構造躯体と内装・設備が別々に査定されることはほとんどありません。「スムストック査定方式」は、「スケルトン」と「インフィル」の償却年数を区分して査定することで、建物本来の価値を適正に評価。査定額は独自の計算式と数多くの評価項目を基に算出します。

3.スムストック住宅販売士が査定・販売

ダイワハウスの工法や構造を理解し適正に査定するために、「スムストック」は、協議会認定の様々な試験や研修カリキュラムを修了した「スムストック住宅販売士」の資格を持つ者だけが査定や販売業務を行えるようルールを設定しています。

一般の査定とスムストック査定の違い

一般の査定とスムストック査定の違い一般の査定とスムストック査定の違い

スムストック査定も再保証が可能です

長期保証システム期間終了後も、必要な点検&メンテナンスを実施することで再保証。
スムストック査定も受けられます。

スムストック査定も再保証が可能ですスムストック査定も再保証が可能です

スムストック住宅の価値

こんなにも違う、従来査定とスムストック査定。こんなにも違う、従来査定とスムストック査定。

従来の査定方式は通常20年~30年ほどで住まいの価値はほぼゼロになると言われています。
スムストック査定では独自の3つの査定基準を用いて適正に評価を行うため
何年経っても住まいの価値を継続させることが可能です。

スムストック査定・従来査定ともに日本住宅流通株式会社が行ったものです。住宅のメンテナンス状況や50年以上にわたるメンテナンスプログラムにより評価されるスムストック査定だからこそ、査定価格に「差」が出ます。

上記はイメージ図で、物件によって評価、査定が異なります。出典:一般社団法人 優良ストック住宅推進協議会

売主さまにも買主さまにもうれしいサービス

リフォーム一体型スムストック専用住宅ローン

スムストック査定では、実施されたリフォームも住まいの価値として正しく評価されます。購入だけではなくリフォームも考えたいという買主さまのために、三井住友信託銀行と共同でリフォーム一体型の専用住宅ローンを開発しました。

※提携ローンではありません。

スムストック専用瑕疵保険

引き渡し後に万が一隠れた瑕疵が発覚したときのために、スムストックでは専用の瑕疵保険を付保することが可能です。売主さまにも買主さまにも安心な保証をご利用ください。

※住宅保証機構の保険に加入します。
※瑕疵保険の内容・保証お開始次期はメーカーにより異なります。

お客さまの声

建物価値が適正に評価され、
納得のいく売却が実現しました。東京都・Sさま

次に住む方に建物の保証も引き継ぎたいと思い、大和ハウスグループに仲介を依頼しました。メンテナンス履歴も評価されるスムストック査定を実施したところ、一般査定より高い評価額に。適正な資源価値を算出でき、売却と住み替えをスムーズに進められました。

ダイワハウスの物件売却は
リブネスにお任せください。

無料査定・売却に関するご相談はこちら

安心の暮らしを引き継ぐ D's Bridgeによる売却安心の暮らしを引き継ぐ D's Bridgeによる売却

ダイワハウスのマンションオーナーさまから購入される次のオーナーさまへ
安心の暮らしを引き継ぐ総合サポートサービスです。
大和ハウスグループが連携して買主さまをサポートするため、
売主さまの物件への信頼性と安心できる取引へとつながります。

<D’s Bridgeの対象マンション>

利用規約

  • ①D’s Bridge対象として2004年以降に販売された物件※で、かつ管理会社が当初の大和ハウスグループ管理会社から変更されていないこと。
    ※新築分譲時、大和ハウス工業から直接分譲された住戸に限ります。
    ※売主・買主いずれかが宅建業者の場合は、売主も買主もご利用になれません。
  • ②本サービス提供時(定期点検サービスにおいては点検時、売却斡旋サービスにおいてはサービス申込時)に、管理組合と大和ライフネクストとの間で、事務管理業務・機械管理業務・管理員業務を含む管理委託契約が継続されていること。
  • ③ダイワハウスの発行したD’Fileを所有されていること。
  • ④専有部分の検査後、お客さまのご都合により売却を中止する場合、検査費用実費を請求させていただきます。

ダイワハウスの物件売却は
リブネスにお任せください。

無料査定・売却に関するご相談はこちら

D's Bridgeによる売却の流れ

大和ハウスグループと専門検査機関、保険会社が連携してサポート。大和ハウスグループと専門検査機関、保険会社が連携してサポート。

「マンション管理状況報告書」「住宅設備検査報告書」は、
「D’File」に保管の上、売主さまから買主さまへ引継ぎをいたします。

※ご売却は、D's Bridge利用申し込み及び日本住宅流通(日本住宅流通の営業エリア外では、本サービスを委託した提携会社となります)との専属媒介契約または専属専任媒介契約を交わしていただくことが条件です。また成約した際には所定の仲介手数料が発生します。
※指定の検査会社で事前に住宅設備検査を実施していただく必要があります。
※マンション管理状況報告書のご提供は、管理組合よりご承認をいただく必要があります。
※予告なくシステム内容の変更が生じる場合があります。

住まいの履歴ファイル「D’File」

「D’s Bridge」では、さまざまな会社が調査・検査に参加します。基本的な物件概要やご入居後の住まいの2年までの定期点検履歴などは「D’File」に保管されていますが、そこに、仲介会社による査定報告、管理会社による共用部分の調査結果、検査会社による住宅設備検査結果をプラスし、売却をサポートします。

D's Bridgeの住宅設備保険

安心の設備保険でトラブル軽減!安心の設備保険でトラブル軽減!

売却後の一定期間に設備の故障があると、
売主さまの責任として修理をしなくてはならない場合があります。
「D’s Bridge」売却斡旋サービスは、設備保険会社が設備に引渡後2年間の保険をお付けしますので、
売主さま・買主さま双方に安心してお取引いただくことができます。

保険対象となる主な住宅設備の例
設置場所または設備 対象設備
システムキッチン ガスコンロ、IHクッキングヒーター、レンジフード、ビルトインオーブンレンジ、ビルトイン食器洗乾燥機、ビルトイン浄水器、ディスポーザ―、電動昇降戸棚、水栓
システムバス 浴槽、換気(暖房)乾燥機、バスミスト、水栓
給湯設備 給湯器(操作パネル含む)
洗面室 洗面化粧台、水栓、換気扇、洗濯機用水栓、洗濯機パン
トイレ 本体・機能付便座、ロータンク、手洗器、換気扇
居室 ビルトインエアコン、床暖房システム
廊下・玄関 インターホン、ダウンライト照明、照明スイッチ(調光機能含む)
外部・その他 スロップシンク、外水栓

※但し、経年変化や摩耗、消耗部品や付属品の交換、代替交換の際の運搬費など保険の対象外のものがあります。

※1回の修理にかかる支払限度額は設備製造後15年以内のものは30万円、15年超30年以内は6万円となります。
※保険始期時点において、製造年月から30年を超える住宅設備については、保険付保対象外となります。
※製造年月が不明の住宅設備は、建物の建築年月を製造年月として起算します。
※スロップシンク、外水栓、インターホンなどの共用部分にあたる設備については、管理組合への届け出が必要です。
※保険会社は、保険会社が指定する者による対象設備の修理をもって、保険の支払いに代えることができます。
※設備保険付保にあたり、指定検査会社による事前の住宅設備検査が必要となります。
※予告なくシステム内容の変更が生じる場合があります。

災害見舞金の支給

下記の自然災害により対象設備に故障・不具合が生じた場合、1回の事故につき保険金額20%の額を災害見舞金として、お支払いします。(1回の災害で複数の設備が故障した場合でも、1回分の事故補償額となります。)

24時間駆付けサービス

30分程度の簡易的な作業は、出張費を含めて無償で対応。(部品代や長時間にわたる作業の場合は有償となります。)

お客さまの声

売主、買主ともに安心や信頼がおけるシステムです。東京都・Mさま

マンションの売却を検討していた際、さまざまな会社のホームページを見て、どの会社に依頼するか迷っていました。日本住宅流通は大和ハウスグループでもあり、チラシには数多くの物件を取り扱っているとのことで、説明を聞きに営業所へ赴きました。話を聞いているなかで、大和ハウスグループのサポートシステム「D’s Bridge」について知り、日本住宅流通に頼もうと決めました。他にも営業の方が親身に相談に乗ってくださる姿勢に感銘を受けました。「D’s Bridge」は売主、買主共に安心や信頼がおけると思いました。実際、設備保険についても買主の方の検討材料の一つでした。思ったより早く売却が決まり、とても感謝しています。

ダイワハウスの物件売却は
リブネスにお任せください。

無料査定・売却に関するご相談はこちら