医療・介護施設活用


大和ハウス工業トップ

土地活用

土地・建物の有効活用、収益性アップのための出店を強力にサポートします。

医療・介護施設での活用

高齢者用住宅への活用超高齢社会の今、注目されているのが高齢者住宅です。

今や土地を持っているだけでは、価値があるとはいえない時代。活かして、自ら価値を創造する時代です。
しかしながら、ただやみくもに土地を活用しても、時間と労力がかかるだけでなく、リスクも高まります。
そこで、今の時代におすすめしたいのが、「高齢者住宅」です。
日本の超高齢社会を背景に、高齢者が安心して生活できる住環境は、今後ますます社会的な要素が高まるものと思われます。
また、長期的に安定した収益が期待できる、「安心と安定」の事業。高齢者用住宅こそ、現代の賢い土地活用術ではないでしょうか?

高齢者用住宅は、長期安定かつ社会貢献性の高いビジネスです

土地の有効活用法にはさまざまな種類があるなか、大和ハウスのシルバーエイジ研究所が高齢者用住宅をおすすめするには、理由があります。

賃貸住宅・マンション事業と比較して今後有望な市場のため、空室のリスクが比較的少ない。

高齢者用住宅、賃貸住宅・マンション事業ともに、居住用賃貸のため、長期的な安定収入が見込め、税務対策にも有効です。しかしながら、賃貸住宅・マンション経営は近年競争が激化し、空室のリスクが高まっています。
一方で、高齢者住宅は、今後シニアの需要が高まる点から、有望な市場といえるでしょう。

オフィス・商業施設と比較して景気の影響が少なく、どんな立地にも対応しやすい。

オフィス・商業施設での活用は、高い収益を生むことが可能な反面、景気の影響により、収益にもブレが発生する可能性があります。また、都心や繁華街などが適地となる、立地条件が限定的な事業でもあります。
その点、高齢者用住宅は、立地の限定的な影響を受けることが少なく、比較的どのような立地にも対応しやすいといえます。

駐車場経営と比較して地域に貢献する事業で、税制のメリットも大きい。

駐車場経営は、初期投資が比較的少なく、他事業への転用も容易なため、一般的にはじめての人に向いているといえます。しかし、税務対策としての効果はあまり期待できません。
高齢者用住宅は、所得税や相続税にもメリットがあり、なおかつ、地域社会にとっても意義のある事業なのです。

医療・介護施設での活用について相談する

「高齢者住宅事業」を詳しく見る


このページの先頭へ


このページの先頭へ