土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

最新コラム

  • 最新データ!2018年上期賃貸住宅市況についてと雇用創出 今回は賃貸住宅の市況について最新着工数データを分析してみましょう。6月末に発表された最新の数字(5月分)を見ると、貸家(賃貸用住宅)の着工数は、昨年の6月以降12カ月連続して前年対比マイナスとなりました。
  • 賃借人との間のトラブル 賃貸住宅経営において最も身近で、大きなトラブルと言えば、何と言っても賃借人との間のトラブルで、一番は賃料の滞納問題であると思います。
  • 不動産市況を読み解くどの県が長期不在の空き家が多いのか? 今年は、5年に一度総務省が「住宅・土地統計」を発表する年にあたります。前回発表の2013年は、ちょうど不動産市況が上向きになり始めた時でした。
  • 旧耐震賃貸住宅と耐震補強工事 今回は、耐震補強⼯事について考えてみましょう。6月17日群馬南部で震度5弱、そして翌18日には大阪~北摂エリアの広い範囲で震度6の地震が観測されました。 いまさら述べるまでもないことですが、日本は地震の多い国です。
  • 賃貸住宅経営における管理リスクの防ぎ方 6回シリーズ「賃貸住宅経営の6大リスク」の第4回目。これまで、「空室リスク」、「賃料下落リスク」、「修繕リスク」についてお伝えしました。今回は、「管理リスク」ついて考えてみましょう。
  • 賃貸住宅管理におけるトラブル 賃貸住宅経営において重要なことは、【1】ご入居者を入居させ、かつ、高い稼働率を維持すること、【2】適時かつ適切な修繕等を実施することにより、資産価値を維持すると共に、快適な生活環境を維持すること等にあり、これらがうまく循環している場合には、安定的な賃貸収入を見込むことができますが、これらにつき一度失敗した場合には、悪循環に陥り、深刻な事態に陥ることがあります。
  • 意外に日本の人口は減ってない! 最新予測データ分析 すでに日本は人口減少局面に入っています。書店に行くと、「人口減少社会を迎える日本の未来像」をかなり悲劇的に書かれた書籍が、ずらっと並んでいます。
  • 消費税10%の影響と増え過ぎ議論について 今回のレポートでは、賃貸住宅が増えているという議論が沸き立つ中、実際にいま賃貸住宅がどれくらい建てられているのか?そして今年の下期(7月~12月)どれくらい建てられそうか?また消費税増税を控えてどれくらい駆け込み需要が起こりそうか?といった、今後の賃貸住宅市況全般について、5つの図表を使って説明します。
  • 賃貸住宅のリフォームと経費算入について 賃貸住宅リフォームの市場については、コラム vol.229でお伝えしましたように、リフォーム市場全体の概ね20%近くを占めています。

おすすめコラム

  • 土地活用ラボニュース 計画から建築、管理までトータルに提案するダイワハウスのサポートのもと行われた事例などをニュース動画でご紹介しています。
  • 最新データ!2018年上期賃貸住宅市況についてと雇用創出 今回は賃貸住宅の市況について最新着工数データを分析してみましょう。6月末に発表された最新の数字(5月分)を見ると、貸家(賃貸用住宅)の着工数は、昨年の6月以降12カ月連続して前年対比マイナスとなりました。
  • 賃借人との間のトラブル 賃貸住宅経営において最も身近で、大きなトラブルと言えば、何と言っても賃借人との間のトラブルで、一番は賃料の滞納問題であると思います。
  • 不動産市況を読み解くどの県が長期不在の空き家が多いのか? 今年は、5年に一度総務省が「住宅・土地統計」を発表する年にあたります。前回発表の2013年は、ちょうど不動産市況が上向きになり始めた時でした。
  • 旧耐震賃貸住宅と耐震補強工事 今回は、耐震補強⼯事について考えてみましょう。6月17日群馬南部で震度5弱、そして翌18日には大阪~北摂エリアの広い範囲で震度6の地震が観測されました。 いまさら述べるまでもないことですが、日本は地震の多い国です。
  • 賃貸住宅経営における管理リスクの防ぎ方 6回シリーズ「賃貸住宅経営の6大リスク」の第4回目。これまで、「空室リスク」、「賃料下落リスク」、「修繕リスク」についてお伝えしました。今回は、「管理リスク」ついて考えてみましょう。

注目ランキング

  • No.1
    賃借人との間のトラブル 賃貸住宅経営において最も身近で、大きなトラブルと言えば、何と言っても賃借人との間のトラブルで、一番は賃料の滞納問題であると思います。
  • No.2
    最新データ!2018年上期賃貸住宅市況についてと雇用創出 今回は賃貸住宅の市況について最新着工数データを分析してみましょう。6月末に発表された最新の数字(5月分)を見ると、貸家(賃貸用住宅)の着工数は、昨年の6月以降12カ月連続して前年対比マイナスとなりました。
  • No.3
    不動産市況を読み解くどの県が長期不在の空き家が多いのか? 今年は、5年に一度総務省が「住宅・土地統計」を発表する年にあたります。前回発表の2013年は、ちょうど不動産市況が上向きになり始めた時でした。

特集記事

  • 土地活用ラボニュース
  • 土地活用法律コラム
  • 家族信託®を活用した新しい財産管理と相続・認知症対策
  • あなたはどっちの大家さん?! お金持ち or 貧乏
賃貸住宅経営 秋の全国一斉実例見学会 9/7(金)8(土)9(日)10:00~17:00 詳しくはこちら

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ