土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

最新コラム

  • 不動産ファンドビジネスのメインプレーヤー、アセットマネジメント会社 不動産ビジネスにおけるアセットマネジメントとは、投資用不動産の調達、商品化、販売、管理を実際の所有者・投資家に代行して行う業務のことです。
  • プロパティマネジメントとは? ここ十数年、不動産を取り巻く環境は大きく変わっています。特に、ファンドというモデルの成長は、不動産取引市場に、大きなインパクトを与えました。
  • サービスレベルアグリーメントに挑む 2017年11月に誕生したダイワロジテックの事業コンセプトのひとつに、「シェアリングモデル」があります。
  • 不動産証券化における資金調達 不動産の証券化では、収益を生み出すための仕組みを作る必要があります。そのためにはSPC(特別目的会社)に軍資金がなければ、何も始まりません。
  • 事業承継の課題解決が空き家や空き店舗の解消に繋がる 空き家や空き店舗が生まれるひとつの要因に、地域における家業の廃業があります。事業を引き継ぐ担い手不足のため、止む無く事業を停止し廃業してしまうことで、店舗や工場が取り残され、それが空き家となっている地域は全国に見られます。
  • 地方銀行が古民家再生に注力 地方銀行が古民家再生ビジネスに取り組んでいます。背景には、少子高齢化で利用者が減少し、低金利や景気の停滞で預金・融資・為替といった従来の金融業務だけでは業績を上げられなくなっていることがあります。
  • ロジスティクスは戦略であり、手段ではない 2017年11月、大和ハウス工業の新たな一員として、株式会社ダイワロジテックが生まれました。
  • 不動産証券化には、どのようなプレーヤーが存在するか 不動産証券化は、多くの利害関係者が存在します。不動産を保有し資金調達を図りたいオリジネーター(原債権者)と投資家との間に入って証券化を完成させる役割を担っています。
  • 都市部における空き店舗活用事例 中小企業庁では、地域商業自立促進事業を活用した商店街組合等の取組事例を、「全国商店街の挑戦」という事例集に取りまとめて毎年公表しています。今年も2月に中小企業庁のホームページに掲載されました。

おすすめコラム

  • 不動産ファンドビジネスのメインプレーヤー、アセットマネジメント会社 不動産ビジネスにおけるアセットマネジメントとは、投資用不動産の調達、商品化、販売、管理を実際の所有者・投資家に代行して行う業務のことです。
  • プロパティマネジメントとは? ここ十数年、不動産を取り巻く環境は大きく変わっています。特に、ファンドというモデルの成長は、不動産取引市場に、大きなインパクトを与えました。
  • サービスレベルアグリーメントに挑む 2017年11月に誕生したダイワロジテックの事業コンセプトのひとつに、「シェアリングモデル」があります。
  • 不動産証券化における資金調達 不動産の証券化では、収益を生み出すための仕組みを作る必要があります。そのためにはSPC(特別目的会社)に軍資金がなければ、何も始まりません。
  • 事業承継の課題解決が空き家や空き店舗の解消に繋がる 空き家や空き店舗が生まれるひとつの要因に、地域における家業の廃業があります。事業を引き継ぐ担い手不足のため、止む無く事業を停止し廃業してしまうことで、店舗や工場が取り残され、それが空き家となっている地域は全国に見られます。
  • 地方銀行が古民家再生に注力 地方銀行が古民家再生ビジネスに取り組んでいます。背景には、少子高齢化で利用者が減少し、低金利や景気の停滞で預金・融資・為替といった従来の金融業務だけでは業績を上げられなくなっていることがあります。

注目ランキング

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ