物流施設ソリューション

ケーススタディ背景画像

大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

ケーススタディ

  

ケーススタディ

物流施設ソリューションのケーススタディをご紹介

 

CASE5

SGリアルティ株式会社様

埼玉県和光市

SGリアルティ株式会社様

環境・防災対応型の最先端大型物流施設。

  • 物流ノウハウを詰め込んだ最新の施設を計画。

CASE4

アジア・ラゲージ株式会社様

東京都足立区

アジア・ラゲージ株式会社様

機能向上と環境改善のために移転・新設。物流から“ものづくり”を支えるロジスティクスセンター。

  • ジャスト・イン・タイムを実現する新たな物流拠点。

CASE3

リコーロジスティクス株式会社様

東京都大田区

リコーロジスティクス株式会社様
物流センター城南島

8か所の拠点を集約・移転。物流の最適化を支える東日本エリアのハブ拠点。

  • 拠点の集約・業務の効率化を目指し、新たな物流施設へ移転。
  • 最新設備やスペースの工夫など、物流の進化を支える新施設。

CASE2

東海西濃運輸株式会社様

岐阜県土岐市

東海西濃運輸株式会社様

近距離に存在していた2つの支店を統合。本社機能を兼ね備えた、大規模トラックターミナルが誕生。

  • 支店の統合により、管理コストの削減と事業効率の向上を実現。
  • 作業効率と安全性の向上を図った、見学者が多数訪れる魅力的な施設。

CASE1

株式会社北海道クラウン様

北海道札幌市

株式会社北海道クラウン様

物流拠点を統合し、一カ所に集約。新たな物流体制により、業界と地域社会の発展に貢献。

  • 新たな物流センターの建設で、顧客ニーズに応える物流システムを確立。
  • 初期投資を抑えることができる、借地事業スタイルの事業スキーム。
 
豊富な経験と技術で企業の物流戦略をバックアップ
大和ハウスグループなら・・
「ワンストップ物流ソリューション」でスピーディーにお客様の物流施設ニーズにお応えします。

物流施設ソリューションについての相談はこちら

このページの先頭へ戻る


このページの先頭へ戻る