医療・介護施設ソリューション

医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

シルバーエイジ研究所について

 

医療事業者さまや、介護事業者さまへの事業サポートを通じ、社会の成長と発展に貢献します。

国や自治体の制度や政策を取り入れながら高度な理論を構築し、さまざまなノウハウを蓄積してきました。
これからも社会の変化に応じてPRE、CRE活用や、お客さまの経営環境に応じた事業提案をいたします。

 

シルバーエイジ研究所のロゴ(シンボル)マークの変更について

私たちシルバーエイジ研究所の設立は1989年。当時は来るべき「超高齢社会」への問題意識は、まだ低い状況でした。介護施設や介護環境をテーマに本格的な研究に取り組む企業が稀な中、業界の先駆けとして誕生しました。医療・介護施設を「人々の営みの場であり暮らしの場である」と考え、特に介護施設については「建物も介護(ケア)の一部」という理念とコンセプトを掲げました。高齢者の方々が「安心して穏やかに老後を過ごせる住環境」を実現すべく、研究成果をさまざまな施設の企画、設計に生かし独自のノウハウを蓄積してまいりました。

そして現在は特に医療機関を中心としたお客様に寄り添いながら、主に高齢者施設についての開設のサポートをさせて頂き、お客様の事業を通じて社会に貢献すべく活動しています。昨今は社会保障給付費の削減の為、医療保険や介護保険制度の変化の波が大きく、経営環境を大きく揺るがす報酬ダウンや病床のあり方を問われる事態となっています。医療・介護事業のハード面においては、さまざまなサービスを提供する事業所を併設した複合施設が主流となっており、従来にない大型の施設投資計画が必要となる場面が増えています。また今後の医療・介護施設には社会的責任を全うするべく、「安全」「安心」「快適」「環境」等のエッセンスが必要となってきています。

一方、高度成長期時代に出来た団地に高齢者が取り残されたり、空き家が増える社会現象が起こっています。社会インフラも老朽化し、人の少ないエリアで公共費用を使い社会インフラを更新する事に対し疑問視される事態も起こっています。都市部の高齢者の地方移住促進や、高齢者を含めた住宅を駅前等の利便性の良い場所に作り、医療・介護・福祉施設・商業施設や社会インフラを集中させるコンパクトシティの政策も進められていこうとしています。

私たちシルバーエイジ研究所はこうした時代の変化に対応しながら、お客様の新たな経営環境に応じた事業提案を今後も続けてまいりたいと思い、2016年に心機一転、ロゴ(シンボル)マークを変更する事といたしました。今後も皆様の躍進をお祈りしつつシルバーエイジ研究所は社会貢献に寄与してまいります。

今までの経験を生かし、高度な理論と培ってきたノウハウをベースに、お客様へより良い提案を行っていく姿を現しています。

大和ハウス工業株式会社 シルバーエイジ研究所 所長 今井高浩

シルバーエイジ研究所の歩み

全国に広がる医療・介護施設の施工実績

2016年9月末現在:全国 2,945ヵ所

107ヵ所

老人保健施設

450ヵ所

その他

上手に計画を進めるには、まずご相談から
大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。
医療・介護施設ソリューションについての相談はこちら

このページの先頭へ


このページの先頭へ