事業トータルサポート

大和ハウス工業トップ

法人のお客さま:施設建築ソリューション

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

用語集

医療・介護施設用語集


英字

ADL
Activities of Daily Livingの略称で、直訳すると「日常生活の活動動作」。日常生活を送るのに必要な基本動作のこと。身体に障がいをもつ人や高齢者が、身の回りのことを自分でどれだけこなせるかの程度。食事や衣服の着脱、排泄、入浴等の各動作。移動の動作。その他、生活関連動作などを示す。ADLの自立はリハビリテーション医学の治療目標の一つとして重要視されている。
DPC(Diagnosis Procedure Combination)
「急性期入院医療の診断群分類に基づく1日当たりの包括評価制度」と訳される。診断群分類とは、国際疾病分類で1万以上ある病名を、マンパワー、医薬品、医療材料などの必要度から統計的に意味のある病名グループ(500~1500程度)に整理・分類する方法。
もともとは産業界におけるQC活動の手法を医療現場に適用したもので、病院運営や経営マネジメントの有効な指標となるものである。一般的にはアメリカ的な「DRG(Diagnosis Related Groups)」という用語が多く使われているが、厚生労働省ではDRGと区別するためにDPCという用語を用いている。それは日本の診断分類が、傷病名(診断名:Diagnosis)と処置(Procedure)の組み合わせで決まるからという事情によるものである。
平成15年4月より全国82の特定機能病院の一般病床に導入された。DPCにおける診療報酬は、包括部分と出来高部分で構成されている。出来高部分としては、手術料、麻酔料、千点以上の処置料など、ドクターフィー的要素が算定できる。
ICU
Intensive Care Unitの略、集中治療室の項参照。
ME(Medical Engineering)
医用工学という意味。機械工学・材料工学の医用への応用技術で、MEは現代医療に不可欠な検査機器や診断機器、治療機器など様々な医療機器を生みだしている。
MR
Medical Representativeの略で、医薬情報担当者のことをいう。医療機関に対して、医薬品の効能・効果・副作用情報等の適正使用情報を積極的に医師に提供したり、また他社製品の動向を調査したり副作用情報の収集と対応等の業務を行う職種のことをいう。
MRSA
methicillin resistant staphylococus aureusの略。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌。病院などの施設ではMRSAの感染予防対策が重要とされている。在宅で療養中の高齢者など抵抗力の弱っている人は感染しやすいため、介護者も含め手洗いを励行し、衣服はつねに清潔で乾燥したものを身につけるように、菌の増殖しやすい場所はこまめに清掃し、消毒することが必要。
OT
Occupational Therapistの略称、作業療法士の項参照。
PT
Physical Therapistの略称で、理学療法士の項参照。
QOL
quality of lifeの略。一般には「生活の質」「人生の質」「生命の質」を訳される。生活者の諸要因として考えられる満足感や幸福感、安定感に基づき、そのバランスのとれた状態をより高めより充足した生活や生活環境を実現していこうとするある主の理念で、高齢者介護の分野では介護環境の質の向上に関して使われることもある。
ST
Speech Terapistの略称。言語聴覚士、言語療法士ともいいます。言語療法士の項参照。
WAMNET(ワムネット)・福祉医療機構
福祉保健医療関連の情報を提供するための総合的な情報ネットワークシステムのこと。介護保険制度や障がい者支援費制度といった社会福祉施策における利用者への適切な情報開示、また関係機関をつなぐ情報の共有化といった内容が極めて重要であることから、独立行政法人である福祉医療機構では、福祉保健医療ならびに介護保険、障がい者支援費制度における関連情報を提供するために情報ネットワークシステム『WAMNET』(ワムネット)で広く情報を提供している。
X線検査室
X線を用いて撮影や透視を行う部屋。体内の状態を写真フィルムに写すX線撮影と、X線を蛍光板に映して診断するX線透視がある。
またX線撮影には直接撮影と間接撮影(透視によるX線をカメラ・テレビカメラで撮影)とがある。
X線CT室
X線写真は普通、前や横からなど一方向からX線を照射するのに対し、いくつかの方向からX線を照射してできた影をコンピュータを使って計算することにより、体内の断面図を再構築する撮影機のことで、それを行う部屋がX線CT室です。




このページの先頭へ


このページの先頭へ