高齢者住宅事業

大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 住宅型有料老人ホーム

POINT1

【医療型】高齢者住宅 医療・介護の連携効果

 

高齢者住宅事業で、診療報酬に依存した経営体質の改善。

自院の経営戦略を基本に、高齢者住宅運営を新たに加える事で、診療報酬・介護報酬・賃料収益の3つの修正体制を確立。
その為には、地域の市場性や経営環境に合わせた事業スタイル検討が重要です。

医療・介護の連携効果を高める為の検討項目

高齢者住宅と医療・介護サービスの連携

入居者さまに選ばれる高齢者住宅となるには経営環境や役割・機能に合わせた施設計画と事業スタイルの検討が必要です。

高齢者住宅と医療・介護サービス連携の考え方

考えられるメリット・機能

短期、長期の在宅ニーズに対応。転用可能。

想定されるさまざまな入居者層への対応。

一般病床・療養病床・精神病床等の退院患者さまへ長期にわたる効率的な訪問診療・介護を実現。

その他にもさまざまなメリットが期待できます。

  • 老健退所者の在宅復帰先としての機能。
  • 特養入所待機者の受け皿としての機能。
 
上手に計画を進めるには、まずご相談から
選ばれる「高齢者住宅(サ高住・住宅型有料老人ホーム)」となるためには、医業経営の環境や役割・機能に合わせた施設計画と事業計画が大切です。
高齢者住宅事業(サ高住・住宅型有料老人ホーム)についてのご相談はこちら

医療法人の経営を支える 高齢者住宅事業

このページの先頭へ


このページの先頭へ