高齢者住宅事業

大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 住宅型有料老人ホーム

POINT3

高齢者住宅の機能

 

医療法人の経営を支える「高齢者住宅事業」

医療機関が運営する【医療型】高齢者住宅。
「サ高住」や「住宅型有料老人ホーム」を基本として入居者さまに合せた医療と介護の連携サービスを提供。

  • 医療依存度の高い方
  • 自院からの早期退院患者
  • 自宅での療養が難しい在宅復帰患者
  • 特養待機者
  • 老健退所者
  • 自宅での看取りが困難な方

1.医療・介護の連携で入居者さま、ご家族に「安心」を提供

  • 受け入れ態勢と医療・介護スタッフを整える事で医療依存度の高い方も入居可能とする
  • 一人ひとりに合った医療・介護が連携したサービスの提供
  • 自宅療養が難しい在宅復帰患者やターミナルケアの提供

2.「早期退院」「在宅復帰」の受け皿としての機能

  • 自宅に戻ることが困難な退院患者さまの第2の自宅としての機能
  • “医療の目”が絶えず届くところで、入居者さまへの長期的サポートが可能
  • 早期退院した患者さまを医療の体制も整った場所でケア

3.「待機者・退所者の受け入れ」に活用

  • 特別養護老人ホーム(特養)への入所待機者の受け皿としての機能
  • 老人保健施設(老健」)からの退所者の受け皿としての機能

4.マイナス報酬改定でも影響を受けにくい「収益確保モデル」構築

  • 在院日数・在宅復帰率をクリアするため長期入院患者さまを受け入れ
  • 病床基準を的確に管理することで診療報酬を適正に確保
  • 増患対策として病床回転率を向上
 
事業化は戦略的に、まずご相談から
選ばれる「高齢者住宅(サ高住・住宅型有料老人ホーム)」となるためには、医業経営の環境や役割・機能に合わせた施設計画と事業計画が大切です。
高齢者住宅事業(サ高住・住宅型有料老人ホーム)についてのご相談はこちら

医療法人の経営を支える 高齢者住宅事業

このページの先頭へ


このページの先頭へ