注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
  • ご相談
  • 資料請求
家事シェアハウス

家事シェアで一発解決!!家事分担から家事シェアへ

食事はママ、掃除はパパと家事を分担する「家事分担」も多いですが、
相手に任せっきりの分担だと、うまくいかないことも……。
これからは、家事は分担ではなく、
家族で共有して、家族事にすることが大切です。
そんな夫婦の新しいかたち、「家事シェア」をご紹介します。

人気ライフスタイル月刊誌
VERY」と
家事シェア
について考えました!

VERY

子育てママに絶大な支持を受ける「VERY」は、ファッションだけでなく、読者世代にまつわる様々なテーマを取り上げていますが、夫婦間の家事の在り方もその一つです。今回、「家事シェア」の考え方について共感いただき、5/7発売6月号で、関連する記事が掲載されましたので紹介させていただきます。

OOJIKENBO

<VERY6月号P266-267より抜粋>

家事分担によって引き起こされる○○事件簿

VERY読者でも働くママが年々増えていて、大小の差はありながら、夫婦で家事を分担している家庭も多いはず。
でも、聞こえてくるのは妻の負担と不満、驚きのハプニング!
分担でもママの負担が解消しないなんて、一体どうしたらいいの!?

夜のうちに洗濯物を洗濯機の中に入れ、タイマー設定をするところまでが私の担当。
翌朝夫が干しています。だけど、たまに私が残業でできない時などは、
夫が洗濯機を回してくれるのですが……。ポケットの中身をきちんとチェックしないから、
石やどんぐりが出てきたり、下着とTシャツが重なったりは日常茶飯事ですが、
まあやってくれてるしと、だいたいのことには目をつぶっています。
しかし、見過ごせない事件が先日起こりました。

オムツを一緒に入れたようで、吸水ポリマーが水を吸って
ゼリー状になり洗い上がった洗濯物に
まんべんなくついている!!

洗濯機の中にも残っていて、洗濯槽洗いをしたり散々。
自分の担当のことしかできないのって、どうなんでしょう……。

S.Tさん(36歳・教員/夫37歳、長男8歳、次男5歳、三男1歳)

最後に夕食を食べるのが夫なので、食器洗いは夫の担当です。
たまには手伝おうと思って、食洗機に私と子どもが使った食器を入れるところまでやってあげたんです。子どもを寝かしつけてから私がダイニングに行くと、帰宅した夫が、

まだ洗っていない食洗機からコップを
出してお茶を飲んでいるではないですか!

夫は食洗機に入れる→すぐ回す、
がルーティンなので汚れた食器を食洗機の中に放置しておくことはないんです。
恐る恐る「それ洗ってないよ」と申告、気まずい空気に。
分担制だと、よかれと思ってやったのに嫌な雰囲気になることもあるんだなと思いました。

K.Mさん(32歳・商社勤務/夫36歳、長女4歳)

わが家は料理は私、掃除は夫などざっくりとした分担制なのですが、
私がインフルエンザで倒れた日のこと、夫は家事全般をやらないといけなくなったけれど、
食事作りは慣れていないのでなかなかできず……。作ったとしても野菜炒めとか。
うちの子苦手ですよね(笑)。結局コンビニで調達したり、子どももうんざりしてきたのか

「ママー、カレー食べたい、
お肉がいいー」

など部屋の外から話しかけてくるので私も気が休まらず……。
夫も最初は優しかったけれど、日が経つにつれストレスが溜まったようで家じゅうが不穏な空気に。
私が寝込むと回らないのは困るので、夫にも全般できるようになってもらわないと、と思いました。

S.Tさん(36歳・区役所勤務/夫35歳、長男2歳)

毎日忙しいこともあって、
毎朝ご飯の支度の合間に保育園と学童のセットをバタバタしながら準備するのがルーティン。
一方で、夜遅く帰ってくる夫は、担当の洗濯を夜中にすることが日課。
でも、その日はたまたま私に余裕があり、夜のうちに保育園セットを用意したんです。
翌朝、清々しく起きていざ出かけようとしてびっくり!
なんと夜遅くに帰ってきた夫が、洗い物がバッグの中に入ったままになっていると思い込み、

せっかく用意したタオルやエプロンを
バラして洗濯機の中に放り込んでいたのです!!

先回りできたと思ったのに、結局振り出しに。
お互いの動きがわかってないとスムーズにいかないなぁと実感したのでした。

S.Kさん(40歳・フリーランスライター/夫44歳、長女7歳、次女2歳)

平日は私も夫も残業が多く、子どもたちは夕食も保育園でとることが多い分、
休日は必ず家族で出かけたり、食事も手作りするように心がけています。
遊びに出かける先を探すのはだいたい私がしていますが、
たまにやってくる休日出勤の日は、夫に子どもたちを託しています。
ここぞとばかりに集中して仕事を片付けようとするのですが、そのたびに送られてくる、

「今日は何を食べさせればいいの?」
「今日は何をしておけばいいの?」
というパパの指示待ちLINEには正直辟易。

「自分で考えてくれ!」と心の中で突っ込みを入れています……。

H.Sさん(33歳・マスコミ勤務/夫35歳、長女3歳、長男1歳)

乳幼児2人の育児にバタバタの毎日を過ごしています。
オムツなど日用品の買い出しは、毎日の買物の合間にすることがほとんどなので、
私が担当しているのですが、お兄ちゃんのオムツを買いそびれてついに底をついてしまったことに気づきました。急遽パパにLINE。Lサイズをお願いしたのですが、

なんと買ってきたのがまさかの
テープタイプのLサイズ。しかも大容量!

もったいないので使い切りましたが、立ち上がるどころか動いて走り回るこの時期に、
テープタイプのオムツ替えはしんどかったです……。

Y.Sさん(32歳・メーカー勤務/夫34歳、長男3歳、長女1歳)

子どもの送りは夫、お迎えは私が担当しているので、基本的に夕食を食べさせるのは私がメイン。
たまに私が残業で、夫にお迎え&夕食を食べさせることまでお願いするのですが、

寝静まったところで帰宅すると、
ダイニングの床が食べこぼしでいっぱいに……。

結局、家事分担といっても、それを掃除するのは私。
なんなら、そういう日の翌日の子どもの園の準備も私が担当……。

名もなき家事って結局ママが担うんですよね。

M.Oさん(37歳・金融系勤務/夫45歳、長女1歳)

事件簿1

1/7)

事件簿1 事件簿2 事件簿3 事件簿4 事件簿5 事件簿6 事件簿7

<VERY6月号P268より抜粋>

CHECK!!

憧れるのは、いざという時に助け合える関係
家事シェアできる
“スクラム型夫婦”が最強!

家事分担に代わる、共働き夫婦の解決策はずばり”家事シェア”。
夫婦が協力態勢を整えて、お互いのフォローをし合える夫婦を”スクラム型夫婦”と命名!
目指していきたい理想の形です。

家事シェアのポイントは
「名もなき家事」

掃除や洗濯、料理などのわかりやすい家事は分担しやすいものです。

しかし、実際に毎日の負担となる家事は
「脱ぎっぱなしの服をクローゼットにかける」
「手洗いのタオルを取り替える」「使い切ったティッシュの箱を取り替える」
といった夫が家事と認識していない家事なのです。

このような家事を「名もなき家事」と呼びます。
これらの家事を夫婦でうまくシェアし、お互いにフォローしあうことが
家事シェアの重要なポイントとなってきます。

我が家の「名もなき家事」を紹介!

毎日の生活のなかで、ご家庭ごとに違った「名もなき家事」があるはずです。
まずは家族で「名もなき家事」について考えることも「家事シェア」の第一歩です。
ここでは、皆さまからいただいた「名もなき家事」の一部をご紹介します。

みんなの名もなき家事をチェック

家事シェアをサポートする家
「家事シェアハウス」

ダイワハウスでは、「名もなき家事」が生まれにくい家事動線を設計することで
自然と家事を「シェア」でき、家事に対する気持ちの負担を軽減できる家事シェアハウスをご提案しています。

「名もなき家事」の悩みを解消する 家事シェアハウス

さあ、「家事シェア」を
はじめよう!

家事シェアの第一歩は家族の家事について、きちんと「知る」ことから。
家事シェアアカデミーで、今日から「家事シェア」を始めよう!

家事シェアアカデミー 詳細はこちら

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。