マンション建替えに関わる関係者とそれぞれの役割をご紹介。

 

お問い合わせ

関係者とその役割

住民/デベロッパー/コンサルタント/関連組織の役割分担

●マンション建替えに関わる関係者それぞれの役割

住民(組合)

意見の表明・集約・決定、決定事項の順守

住民(組合)は、素案作成→議案承認→住民説明→総会決議を何度も経てから、大きな目標に向かっていくつもの重要事項を順次、決定していきます。このプロセスのなかでは、意見の表明・集約・決定、決定事項の順守に責任を持つことが、住民の役割です。
言い換えれば、それ以外の実務はデベロッパーやコンサルタントなどの関係者がすべて行います。また、施主としてのリスクの認識をすることも必要です。

デベロッパー

すべての実務、ノウハウやサポート、資金力、信用力

事業計画の策定、解体や建設などの工事監理、引渡しといった実務のすべてをプロデュースするのがデベロッパーの役割です。これには、資金力、これまで培ってきたノウハウやサポート体制、何よりそれらを実行できる信用力も重要です。

コンサルタント

各種手続きのサポート、住民意見の調整

ローン状況や相続といったプライバシーに関わることなど、住民間では触れられない情報を、プライバシーを守りながら住民の意見の表明・集約・決定のプロセスを保つことが、コンサルタントの役割です。
加えて、専門的な分野のていねいな説明、認可申請や登記といった法律上の手続きのサポートも重要な役割です。

関連組織

専門分野における職務の遂行

デベロッパー、コンサルタントと連携を取りながら、それぞれの専門分野の職務を遂行します。主に、事業計画や権利変換計画などの計画を立てるための実務とマンション工事に関わる実務があります。

管理会社について知っておきたいこと

管理会社はあくまで現状のマンションの保守・運用といった管理を行うための会社です。一般的に、管理会社は建替えには直接関与しません。マンション建替えを検討するときは、建替えを専門とするデベロッパーやその組織の担当者に相談するのが、望ましい方法です。

担当者からの
アドバイス

建替組合が施主になることで、土壌汚染や建替事業費の変動などさまざまなリスクへの対応が必要となりますが、私たちがノウハウの提供や実務のサポートをします。

マンション事業推進部 西本誠

組合施行方式による
マンション建替え

知っておきたい法や専門用語

お問い合わせ

マンション老朽化にお悩みの方から、実際に検討を始めていらっしゃるマンション理事会の方までお気軽にお問い合わせください。

webでのお問い合わせ

資料請求・ご相談

電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-919-489

フリーダイヤル 0120-919-489

受付時間:平日9時~18時(祝日を除く)
マンション事業推進部 建替推進グループ


  • TOP

このページの先頭へ