医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  

業界最新ニュース 2014年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

要介護者(支援者含む)は約574万人/厚生労働省

厚生労働省は、介護保険事業状況報告の概要を11月25日に公表した。それによると、8月末現在、65歳以上の第1号被保険者は3135万人で、このうち要介護(要支援)認定者は574万2000人となっている。割合は17.8%だった。

また、居宅(介護予防)サービス受給者は353万5000人、地域密着型(介護予防)サービス受給者は35万人だった。施設サービス受給者は88万8000人で、うち「介護老人福祉施設(特養ホーム)」利用者が48万人、「介護老人保健施設」利用者が34万1000人、「介護療養型医療施設」利用者が7万人だった。

保険給付決定状況では、高額介護サービス費、高額医療合算介護サービス費、特定入居者介護サービス費などを含む保険給付費の総額は6976億円となっている。

また、第1号被保険者1人あたりの要介護(要支援)認定者割合で、最も介護者等の割合が低いのは埼玉県、最も高いのは長崎県だった。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ