医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  

業界最新ニュース 2014年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

保険料の伸び率は前回を下回る見通しに/厚生労働省・後期高齢者医療制度

厚生労働省は、2月17日の自治体担当者向け会議において、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度で、現行保険料と比較した2014~2015年度の険料の全国平均の伸び率について、5.9%増だった2年前の前回改定より少し下回るとの見通しを明らかにした。保険料の軽減対象者拡大や、医療費給付金の伸びが低めに推移していることを要因に挙げた。

後期高齢者医療制度の保険料は、各都道府県広域連合が2年ごとに定めており、3月までに全広域連合の新たな保険料が決まる。

12~13年度の被保険者1人当たりの全国平均保険料は月額5561円で、10~11年度に比べ5.9%増の312円増加していた。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ