医療・介護施設ソリューション

大和ハウス工業トップ

医療法人の経営を支える高齢者住宅事業

  

業界最新ニュース 2014年

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

医療・介護に「持ち株会社」、15年度に導入の方針/厚生労働省

4月に合同で開かれた経済財政諮問会議と産業競争力会議の中で、田村憲久厚生労働大臣が増大する社会保障費の抑制策の一つとして、持ち株会社のように法人のもとに病院や特別養護老人ホーム、介護施設などを置いて医療・介護サービスの一体的な提供を可能とする新制度を発表。2015年度中に導入する方針を明らかにした。

この新制度は「非営利ホールディングカンパニー(持ち株会社)型法人制度」(仮称)。具体的な取組みとして、岡山大学が明大附属病院を核に近隣病院を傘下に置く構想を検討していることを紹介。下村博文文部科学相は「意欲的であり構想実現に努力する」と述べた。

また両会議の民間議員は、診療報酬のうち「薬価」を市場価格に踏まえて毎年見直すことも提案。仮に04年から7年間毎年改定を行った場合に最大8000億円程度の国民負担が削減できるとの試算も示した。しかし、具体的な議論は次回以降に持ち越しとなった。

 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ