総合技術研究所

大和ハウス工業トップ

大和ハウス工業の総合技術研究所をもっと知りたい!

実験施設・設備一覧 さまざまな機器が明日の大和ハウス工業を作ります。

高い性能を追求し、未来を生み出すテクノラボ。

総合技術研究所内にあるテクノラボは、新しい技術を開発・検証するための実験棟です。厳しい自然条件や環境下でも安心・快適な暮らしを実現するために、大震災レベルの振動で耐震性や強度を検証する実験機材などを用いて、高い性能を日々追求しています。

  • 構造実験
  • 環境実験
  • 防耐火構造試験 その他

構造実験 強度や剛性を高め、構造安定性を確保する。

振動台…大震災の振動で強度を検証。実大モデルだから得られる成果がある。

柱、床、壁を組み合わせた6畳間ほどの構造体を振動台の上に建設。阪神・淡路大震災レベルの振動や、複雑でランダムな地震波を再現することで、耐震性や強度を検証します。住宅には、実際に建てて検証しないと分からない、柱、床、壁などの「組み合わせ効果」が生じます。一つ一つの部位に強度が確保されていても、組み合わせにより想定を下回ったり、逆に上回る強度が得られたりするケースがあるのです。そうした「組み合わせ強度」もこの振動台で測定できます。

門型試験機…繰り返す荷重にどれだけ耐えられるか。パネルの曲げ強度や接合部の強度を確認。

外壁や床版などを、2台の台車の上に設置し、試験機中央のアクチュエータで加力。パネルとしてどの程度の曲げ強度を持っているかを調べます。また、柱と梁の接合部が、地震時や台風時に発生する繰り返し荷重に対して、どの程度の耐久強度を備えているかも検証します。

反力壁・反力床…地震や台風の強大な力に耐える建物構造を多角的視点で探る。

地震・台風の際、構造全体の骨組みや接合部分には強大な力がかかります。その骨組みや接合部を試験体に設置し、油圧ジャッキで加力する実験を実施。どれだけ耐えられるのか、強度、剛性、靱性など多角的な視点から評価することで、強度に優れた住まいづくりを追求しています。

このページの先頭へ

環境実験 自然条件に屈さない快適性を追究する。

実大熱環境試験室…人工の気象室内にまるごと一棟の家を建て、自然条件を再現、検証する。

いわば人工の気象室である〈実大熱環境試験室〉。試験室内に住宅を一棟まるごと建て、日射、温度、湿度などの気象条件を自由につくり出し、実際の住まいの熱環境を再現します。一日の温度変化や四季の変化により、家全体がどのように温もり、部屋の熱がどのように逃げるのかをシミュレーション。データを収集して保温性や断熱性、快適性を調べ、商品開発に活かしています。全国各地の気象条件も再現し、地域の特徴に合わせた住まいづくりの研究を行っています。

鏡函型人工天空実験室…実際の天空の明るさを再現し、住まいの採光をシミュレーション。

空の明るさは、真上の天頂部が一番明るく、水平線に行くほど暗くなります。この天空輝度分布を再現できる実験室で、縮尺模型を用いて実際の建物室内の採光などのシミュレーションを行います。この実験と検証は、住宅・大型建築の開口部や吹き抜けの計画・設計に役立てられています。

無響室・残響室…実大の壁や床を使って外部騒音や生活騒音など音の問題を研究する。

残響室では実大の壁や床を設置し、遮音実験を実施します。また、無響室では音を楽しむ空間づくりのため、官能評価実験などを実施。「外の騒音が聞こえない静かな家にしたい」「家族とはいえ、お互いのプライバシーを大切にしたい」など、住む人の音に関するご要望に、これらの実験を通じてお応えしています。

無響室・残響室

このページの先頭へ

防耐火構造試験・その他

防耐火試験炉…840℃にも達する住宅火災を再現し、建物の防耐火性を確認する。

3m離れた隣家で火災が発生した場合、外壁はおよそ840℃もの高温にさらされます。外壁の防火構造試験では、加熱開始30分後に840℃、耐火構造試験では加熱60分後に945℃もの高温に達するよう加熱し、外壁の室内側表面温度が可燃物の燃え出す温度以下に抑えられているか、室内側に炎の噴出などがないかを検証しています。また、火災が鎮火するまで主要構造部が建物荷重を支えられるかどうか、建物荷重を想定した力を壁にかけた試験(載荷加熱試験)も行っています。

壁用防耐火試験炉

屋内外温度差劣化試験機…温度差による結露や乾燥などが外装材にもたらす影響を見極める。

外装材内部での凍結・融解、または日射・降雨の繰り返しによる劣化現象を計測します。屋外・室内想定の2室間に外装材を設置し、それぞれの部屋に個別の温度・湿度条件を与え、実際の住宅の外装材が受ける温度差を再現して検証します。

サンシャインウェザーメーター…太陽光が外壁材に与える変退色や変形を徹底して
予測評価する。

疑似太陽光を照射することで、外壁材の変退色や変形を評価する試験装置です。試験結果を色彩色差計で定量的に計測し、将来的におこる外壁材の変退色を予測評価します。

環境分析室…土壌汚染物質や室内空気汚染物質など有害な化学物質を測定し、環境汚染防止に役立てる。

化学物質による健康被害が問題視される中、土壌汚染物質や室内空気汚染物質などの測定・分析に積極的に取り組み、商品の改善に役立てています。

このページの先頭へ

大和ハウス工業の総合技術研究所で一緒に働きたい学生の方 採用情報はこちら

総合技術研究所を見学すればもっとわかる!見学お申し込み

お問い合わせ先

大和ハウス工業総合技術研究所
〒631-0801 奈良市左京6丁目6-2
TEL:0742-70-2111 / FAX:0742-72-3060

見学のお申し込み

ご家族から企業や学生の方々など、どなた様でも幅広くお楽しみいただけます。学校の修学旅行や遠足などの社会見学にもご対応いたします。詳細はお気軽にお問い合わせください。

見学お申し込みはこちら

お電話でのお申し込み

※電話での予約受付時間 :月~金曜日(祝日除く) 9時~17時

  • 申し込み多数の場合は、ご希望に添えない場合があります。
  • 見学フォームでのお申し込みは、見学希望日の3営業日前までです。
  • レストランでお食事をご希望の場合は別途FAXにてお申し込みが必要です。

レストラン利用申込書PDFはこちら

このページの先頭へ