土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

コラム vol.191
  • 不動産市況を読み解く

2016年1年間の住宅着工戸数出そろう。再度検証!2016年は賃貸住宅バブルだったのか?

公開日:2017/02/10

POINT!

貸家住宅着工戸数は年間上昇しているが、約30年のスパンで考えるとバブルという数字ではない。

2016年の新築住宅着工数は増加基調

2016年12月分の新設住宅着工戸数が2017年1月31日に国土交通省から発表されました。

これによると、2016年1年間の新設住宅着工数の総計は、96万7,000戸で前年対比106.4%となりました。そのうち、貸家(賃貸用住宅)は41万8000戸、前年対比で110.5%となりました。持ち家(いわゆる注文住宅)、分譲住宅(分譲マンション、分譲戸建)とも前年対比でプラスとなり、業界の盛況ぶりがうかがえた1年でした。

2015年の秋ごろに、住宅着工戸数は月ベースで前年対割れをしている月もあり、2016年はペースが鈍るかという状況でしたが、一転上昇基調になりました。やはりマイナス金利政策、国債の金利低下が効いたと考えられます。

貸家住宅着工戸数もここ5年間は増加

ここで、貸家(賃貸住宅)の住宅着工戸数にフォーカスしてみます。

2007年サブプライム住宅ローン危機、2008年のリーマンブラザーズ破綻の流れを受けて、これらの年の貸家住宅着工数は減少します。2006年には54.3万戸だったのが、2007年に44.1万戸に減少(-19%)し、翌2008年は46.4万戸となります。

しかし、いわゆるこのリーマンショック時が貸家住宅着工数減少のピークではなく、2011年の28.6万戸がピークとなっており、リーマンショック前の最盛期である2006年の54.3万戸と比較すると、約半分の−47%となっていました。

そして、2012年以降、賃貸住宅着工数は徐々に回復してきます。2012年以降2016年まで5年連続で前年対比プラスが続き、2016年の1年間は41.8万戸となったわけです。

1988年以降2016年までの貸家住宅着工戸数を見てみると、確かにここ5年間は増加基調にあります。

図1:住宅着工戸数の推移(年計)

  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
総計 882,797 980,025 892,261 909,299 967,237
105.8% 111.0% 91.0% 101.9% 106.4%
持家 311,589 354,772 285,270 283,366 292,287
102.0% 113.9% 80.4% 99.3% 103.1%
賃家 315,521 356,263 362,191 378,718 418,543
111.4% 111.8% 101.7% 104.6% 110.5%
分譲住宅 246.810 263,931 237,428 241,201 250,532
105.2% 106.9% 90.0% 101.6% 103.9%

※上段:実数値 下段:前年対比

国土交通省「平成26 年都市計画現況調査」より作成

図2:全国新設住宅着工戸数(貸家)の推移

国土交通省「建設着工統計調査報告」より作成

図3:住宅着工戸数の推移

国土交通省「建設着工統計調査報告」より作成

しかし、2016年はリーマンショック以降、2009年以降では最高値ですが、それ以前でもっとも少なかった2000年の42.1万戸よりも少ないことがわかります。こうして30年弱のスパンで考えると、「リーマンショックでの半減に近いような大幅減少から立ち直ってはいるが、30年間のスパンで見ると、バブルというような数ではない」という結論になるでしょう。

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ