土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

コラム vol.238-1
  • 賃貸住宅経営のポイント

特集:賃貸住宅経営の6大リスク空室リスクは、こう回避する! 賃貸住宅経営 6つのリスクの回避法

公開日:2018/04/27

今月から6回にわたり、「賃貸住宅経営の6大リスク」 というテーマで、賃貸住宅経営におけるリスクについてとその回避法について説明します。

特集で取り上げる6つのリスクとは、

1)空室リスク
2)賃料下落リスク
3)金利上昇リスク
4)老朽化対策リスク(修繕リスク)
5)管理リスク
6)災害リスク

としています。これ以外にもリスクは考えられますが、本編ではこの6つに絞って検討したいと思います。

第1回目は「空室リスク」についてです。
賃貸住宅経営において空室は一番気になる事です。しかし、空室が実室的にゼロになることは避けられません。どんなに人気のある賃貸物件でも、ご入居者の入れ変わりがあるため最短でも1か月弱程度は入退去に伴う空室期間が出ます。こうした仕方のない期間を除いて、できる限り空室期間を短くしたいものです。
ではどうすれば、空室が少なくなるのでしょうか?3つの視点で考えてみます。

空室の出にくい賃貸住宅況

まず、空室のでにくい賃貸住宅を建てる(購入する)ことです。
空室の出にくい賃貸住宅を建てる(購入する)ポイントを挙げてみます。

  1. 1)入居者ニーズに応えた物件であること
    具体的には、見栄えのいい外観・収納スペースが多いこと、あるいは工夫された収納スペースが確保されていること、セキュリティーレベルが高いこと、水廻り設備のグレードが高いことなどが挙げられます。
    これらの背景には、ご入居者が物件を選ぶ際には基本的にはPCやスマホで検索することからスタートさせるということがあります。そのため、サイト上で見栄えがする物件であることが求められます。
  2. 2)周辺環境に応じた間取りであること
    いうまでもありませんが、間取りは周辺環境に応じたものでなければいけません。大学や専門学校の近くではワンルームタイプ、住宅地ではファミリータイプといった感じです。
  3. 3)賃料が適切であること
    賃料設定を高くすると、収益シュミレーションは良くなりますが、周辺賃料よりもかなり高くすると、入居者客付けが難航し、空室確率があがります。
    管理会社等から適切な賃料の提示を受けて、その前提で収益シュミレーションを組み立てる必要があります。

入居者客付け強化

賃貸住宅の入居者探しは、管理会社を通じて、入居者あっせん不動産会社(客付け会社)が入居者募集を行うのが一般的です。空室が続くようならば、このあっせん会社に、「頑張ってもらうよう」に依頼することも空室期間削減につながります。

空室を予測する

最後は、事前に空室リスクを予測しておくことです。リスクは、「危機」という考え方もありますが、投資の世界では、「予測がずれる」という意味合いの方が強いものです。冒頭に書いたように、空室が完全にゼロになることはないと思います。そのため、常に満室での想定ではなく、空室を予測した上で、収益シュミレーションを組んでおくことが求められます。
例えば、10部屋ある賃貸住宅の場合、1年間に1部屋が2か月という割合で空室が出ると予測しておきます。
もちろん、管理会社との間で、サブリース契約(一括借上げ契約)を結んでいる場合は、サブリース契約での賃料が入ってきますので、実際はこうした空室想定はしなくてもいいわけですが、しかし、収益シュミレーション上では、こうしたサブリース契約がない前提で見ておく方がいいと思います。

賃貸住宅経営で、最も気になるリスクが空室に関することです。ぜひ参考にしてください。

  • 前の記事へ前の記事へ
  • 次の記事へ次の記事へ

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ