大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

介護施設開設支援 介護施設の新規開設をご検討の皆さまへ

CASE4

神舞の里
(宮崎県東臼杵郡)

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

医療と福祉のインテグレーションを目指し、
多機能ホームで地域のお年寄りの在宅生活を支える仕組みと体制をつくる

「父子で老人医療と福祉をやりたい」という父の夢をしっかり引き継ぐ

茫洋と広がる日向灘に臨む宮崎県日向市は、『古事記』に記される神武天皇東征の船出の地として良く知られ、またリニアモーターカーの試験走行が繰り返された場所でもあります。日照時間が長く、年間を通じて温暖に恵まれ、とても暮らしやすいところとされています。
しかし、海岸から離れると後背地には険しい山々が迫り、織り重なるような山中には日本でも指折りの高齢化と過疎の村々が点在しています。医療法人社団慶城会「瀧井病院」(内科・精神科)は日向市内から車で5分ほどの、塩見川沿いに開けたのどかな田園地帯にあり、社会福祉法人清風会とともに過疎の村々も含め、広域に及んで地域の高齢者の医療と介護の担い手となっています。

瀧井修さんは3代続く医者の家系で、ご本人は精神科医。そして「医療法人社団慶城会」と「社会福祉法人清風会」の2つの法人の理事長も勤めておられます。
「高齢者の医療と介護は切り離せない問題です。一つとして考えるべきです」というのが瀧井さんの持論ですが、医師でもあった亡き父・慶二氏の考えでもあり遺志でもありました。先代は地域の活動にとりわけ熱心で、いろんな交流に情熱を注ぎ、地域の“功労者”として町の人々に慕われた篤志家。滝井さんがまだ医学生だったころ、そんな父の夢は「父子で老人医療と福祉をやりたい」だったそうです。精神科医らしく物静かに話された瀧井さんの先の言葉には、先代の願いと思いをしっかりと引き継がれているのが伝わってきます。

  • 病院(医療施設)のケーススタディ
  • 高齢者住宅事業のケーススタディ
  • 診療所のケーススタディ
  • 介護施設のケーススタディ
 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ