大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

医療法人の経営を変える高齢者住宅事業

  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 住宅型有料老人ホーム

CASE9

住宅型有料老人ホーム ケアポート箱崎
(福岡県福岡市)

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

「安心・安全・感謝」をモットーに、豊かな暮らしを創造。

これまでのノウハウを活かした施設づくり。都心部に開設した住宅型有料老人ホーム。

事業展開

西日本エリアにおいて介護サービス事業を展開し、10拠点26事業所を運営されている「テルウェル西日本株式会社」様。これまでに開設している京都府の「ケアポート梅美台」、三重県の「ケアポート津高茶屋」に次ぐ3番目の住居型施設として、2009年10月、福岡市東区に「ケアポート箱崎」を新たにオープンされました。
「ケアポート箱崎」を開設するにあたり、大和ハウスは同施設の開設に相応しい建設地を探索。繊維関連企業の施設跡地が条件的に適していたことから、同企業へ住宅型有料老人ホーム建設による土地活用をご提案したところ、社会貢献につながる事業の一翼を担うということで快諾。JR博多駅からわずか2駅、最寄りのJR箱崎駅より徒歩8分という交通至便な立地でありながら、静かな住環境を実現している同地への建設が決定しました。
具体的にプランニングを行うにあたって、ちょうど建設中であった「ケアポート津高茶屋」の建設現場を視察。そこで得た細かな仕様等も参考にしながら、屋上庭園といった「ケアポート箱崎」独自のアイデアを盛り込み、落ち着きある暮らしが望める、より質の高いプラン内容へと仕上げました。
また、同施設ではケアプランやデイサービス、訪問介護の提供により、介護が必要な入居者をサポート。敷地内にクリニックを併設していることも、より安心感を高めています。

課題

THEME1 クリニックを併設し、万一の病気やケガに対する安心感を高める。また、介護サービスを居室にて利用でき、より在宅での生活に近い環境で暮らせる住宅型有料老人ホームを開設する。
THEME2 入居者が「自分の家」のように思い、かつ近隣住人に「建ってよかった」と思ってもらえる、近隣や街並と調和した施設にする。
THEME3 112室の居室を確保しながら、明るい雰囲気を感じる施設にする。

大和ハウスの提案と効果

提案

POINT1 より多くの方々に入居いただける施設づくり
1階をお元気な方のフロア(18m2/12戸)、2階を常に介護が必要な方のフロア(18m2/54戸)、3階を介護が必要な方のフロア(18m2/38戸)としてプランニング。
また3階には、ほかの居室に比べて2倍の広さの二人部屋(36m2/8戸)も用意しているので、ご夫婦での入居も可能です。
POINT2 和みと癒しが感じられる共有スペース
1階には吹き抜けの中庭を設置。室内に居ながらにして、爽やかな緑とやわらかな自然光を感じられる、心地よい空間を演出しています。
さらに、趣味や語らいの場として利用できる、開放的な屋上庭園のほか、富士山の壁画に心癒される浴室なども設けています。
POINT3 自分の家のように暮らせる明るい室内空間
112室の居室を確保するとどうしても通路が暗くなりがちですが、間口をフルに活かし、通路の先に光が待っているようにしました。
また、居室の天井や床をはじめ、さまざまな場所に木目を使用して「家らしさ」を演出。ロビーの壁はスポットライトで照らし、近隣の方々の作品を含め、さまざまな作品の展示スペースとしても活用できます。

効果

POINT1 階数によって特性をわけることにより、幅広い入居者層に無理なく対応。
POINT2 落ち着きある暮らしを演出しながら、入居者同士が気軽に交流できる住環境を創造。
また、吹き抜けの中庭から自然光を採り入れることで、室内が明るい雰囲気に。
POINT3 より多くの居室を設置しながらも、明るい室内空間を創造。
また、高齢の入居者が自分の家のように落ち着け、かつ近隣住人にも開かれた施設を実現。

CASE9

住宅型有料老人ホーム ケアポート箱崎

  • 医療施設のケーススタディ
  • 高齢者住宅事業のケーススタディ
  • 診療所のケーススタディ
  • 介護施設のケーススタディ
 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ