大和ハウス工業トップ

CASE17 サービス付き高齢者向け住宅 ナーシングホーム須坂(長野県須坂市)

急性期から緩和ケアまで、地域密着型病院としての看護力を活かした安心できる在宅復帰先地域包括ケアの核となる高齢者住宅。

蔵の街の歴史を継承した佇まい。入居者の暮らし心地と快適性を追求した高齢者住宅。

歴史ある酒蔵の跡地に建てられた建物らしく、街並みとの調和も考慮し、品のある和の趣を大切にした外観。特に玄関の部分屋根には、酒蔵で使われていた瓦を再利用しています。

居室は、木目調の色合いを効果的に取り入れ、あくまで「住まい」であることを意識し、落ち着く空間づくりを施しました。

明るさはもちろんのこと、2・3階の眺望の良さで、入居者様のみならず、面会に来られたご家族の方々にも好評な食堂・談話室。お弁当などを持込み、ここでいっしょに食事をされるご家族もいらっしゃるとか。

1階には大浴場・機械浴。2・3階には個浴が2つずつ設けられています。個浴には、ピンクの手すりを設置するなど、無機質になりがちな空間にアクセントを加えました。

施設内の角面すべてに面取り加工がされています。また、照明や光の取り入れ方にも工夫を加え、全体が柔らかい空間になるよう演出しています。

1階の療養デイを行う機能訓練室。天井部分にある大きな幾つもの梁は、玄関の屋根同様、実際に酒蔵で使われていたものを利用しました。これらは、オーナー様の「酒蔵の歴史を何らかの形で残したいという要望に応えたもの。

CASE17

サービス付き高齢者向け住宅 ナーシングホーム須坂

  • 病院(医療施設)のケーススタディ
  • 高齢者住宅事業のケーススタディ
  • 診療所のケーススタディ
  • 介護施設のケーススタディ

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ