大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

CASE13 医療施設 尾洲病院(愛知県一宮市)

グループ全体で医療・介護・福祉に注力高めた機能と自らの役割の明確化で長きに渡り地域貢献を続けていく。

回復期リハビリテーションへの取り組み強化を機に機能性と快適性を追求した新病院を建設。

事業展開

医療施設 尾洲病院 外観写真

愛知県の北西部に位置する一宮市の閑静な住宅街。昭和59年、この地に一般病床28床の尾洲病院を開設して以来、30数年に渡り地域医療への貢献に努めてこられたのが、医療法人 来光会さまです。実直な医療活動の継続により、地域からの信頼と実績を積み重ね、病床も段階的に増床。平成2年に医療法人を設立し、平成11年には131床に増床されました。

同法人では、『地域医療における役割をより明確にすることで、自院の貢献度を高めたい』との思いから、平成11年に72床を医療療養型病床に転換。その後、平成13年には131の病床全てを医療療養型に転換し、デイサービス事業も開始されました。また、全ての施設でISO9001認証の取得や独自のサービス提供マニュアルを作成するなど、全体で業務の品質および信頼性の向上に努めておられます。

医療施設 尾洲病院 外観写真

来光会さまでは、尾洲病院のある尾張西部医療圏の状況に鑑み、平成27年には36床を回復期リハビリテーション病床に転換されました。こうして増床や病床転換を行われてきた同院では、その度に建物改修を重ねて対応されていました。同時にリハビリテーション機能を強化するための課題が徐々に表面化してくることとなりました。さらに今後、グループ全体で医療だけでなく介護・福祉の領域を一層広げ、地域に対し包括的なケアの実践を目指すため、その核となる病院には新しいビジョンを表現する建物が必要だと、建て替えを決断されたのです。

患者さまの利便性などを考慮し、新病院の建設予定地には隣接の駐車場で計画。さまざまなハードルを乗り越え、当該地での建設が実現しました。

平成29年9月にオープンした新病院は、回復期リハビリテーション病床を倍の72床に増床(医療療養病床:59床)。医療設備の充実はもちろん、機能回復・健康増進を目的に屋内プールや最新機器を備えたリハビリテーションスペースなど、ハード面の充実も図られています。また、雇用の維持・促進を目的に、職場環境の改善についてもきめ細かく配慮。デザイン性に優れたルーバーによって、モダンな印象を与える外観が特徴的な“新・尾洲病院”は、地域からも高い注目を集めています。

課題

THEME-1
地域の医療ニーズに対応するため、開設30年の間に幾度か実施された増床や病床転換。その都度、建物改修を繰り返してこられたものの、使い勝手の面や患者さま・職員さまの快適性において、次第に不具合が生じていた。
THEME-2
健康増進を目指したリハビリテーションに注力されていたが、より質の高い回復期医療を実践するため、平成27年には36床を回復期リハビリテーション病床に転換。さらに今後のニーズの高まりを見据え、増床について検討したものの、旧病院の建物では対応が困難であることを感じていた。
THEME-3
病院の建て替えを決断したが、地域での実績や関連施設との位置関係から、移転ではなく近接地での建て替えにこだわりがあった。

計画のポイント

POINT-1
患者さまの快適性を最大限に考慮した建物計画
旧病院棟では、診療科目ごとに分かれて診察室と待合スペースが配置されており、患者さま、スタッフさまにとって使い勝手に不具合が出ていました。新病院棟は、待合スペースを中心に各診療科目の診察室を配し、外来を一つのエリア内だけで完結する施設レイアウトとなっています。
POINT-2
多目的なリハビリテーションを実現する充実の設備
リハビリテーションスペースは、スムーズな在宅復帰支援のため、より実践的な回復期リハビリテーションを行うための設備が充実。さらに、未病の方を対象に「基礎体力づくりによる健康増進」という目的から、旧病院棟にも導入されていた屋内プールとフィットネスマシンも設置されています。
POINT-3
雇用維持・促進につながる職員のアメニティスペース
雇用の維持・促進を目的に、職場環境の改善についてもきめ細かく配慮されています。更衣室には男女ともにシャワールームを設置。女子更衣室には、落ち着いて身だしなみが整えられるパウダースペースが設けられています。さらに、明るく広々とした職員向けの食堂・談話スペースやリハビリプールやマシーンも夜間は職員も使用できる等、考慮されています。

CASE13

医療施設 尾洲病院

  • 医療施設のケーススタディ
  • 高齢者住宅事業のケーススタディ
  • 診療所のケーススタディ
  • 介護施設のケーススタディ

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談

このページの先頭へ