土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボニュース 石川・金沢市編

  • 土地活用バリエーション
  • 土地活用の事例集

税理士自ら賃貸住宅経営を実践 / 石川・金沢市編

公開日:2018/07/31

今回は、土地活用のアドバイザーでもある税理士が、自ら賃貸住宅のオーナーになった実例です。

大きなゲートが目を引く賃貸住宅「ARC小立野」を税理士自ら経営

オーナーの山根様は、税理士法人マネジメントの代表社員を務め、北陸の企業経営者を中心に、税務のみならず経営コンサルティングなど幅広い事業を手掛けている現役の税理士です。その税理士の山根様が、土地を購入され、賃貸住宅「ARC小立野」のオーナーとなりました。

大きなゲートが目を引くこの賃貸住宅は、石川県金沢市、JR金沢駅から南へおよそ5キロ、閑静な住宅地の一角に位置し、敷地面積およそ895坪、3階建てが2棟、1LDKと2LDK合わせて39室の賃貸住宅です。
以前金沢の名士が暮らした跡地を購入し、自ら賃貸住宅経営を行いました。

税理士は顧問先に土地活用を提案しても実際にはやらない人が多く、本当に良いものであれば税理士であってもやるべきで、今は一番良い時期であると山根様は語ります。また、今回の決断の理由として、会社としても税理士としてだけの収入ではなく、将来のことを考え、安定収入と相続税対策のためであることが、今回賃貸住宅経営に踏み切った理由だと語ります。
さらに、土地活用には、様々な方法がありますが、太陽光発電などはまだ歴史が浅く、長い歴史の中で信頼性、収益性を考えれば、やはり賃貸住宅に一日の長があると判断し、決断しました。

山根様は、賃貸住宅経営のパートナーに大和ハウス工業を選ばれましたが、その理由を次のように語ります。

まず、大和ハウス工業さんが業界のナンバーワンであるということ、そしてもう一つは、私自身がその管理の良さというのを実体験として持っていること。その管理が良いということは入居者が安心でき、長い間住んでいただけるということです。そういうものを提供していただける大和ハウス工業さんを選びました。

地域性や将来性を考慮し、賃貸住宅をプラン

この不動産を提案したのは、プロジェクトを指揮した大和ハウス工業の越浦です。越浦は、この土地は金沢大学や北陸大学など大学も多く、病院関係も非常に充実している地域柄ということで、入居者ターゲットが描きやすい土地だと判断し、提案しました。
また、近くにある金沢大学工学部の跡地には、近い将来、金沢美術工芸大学と県立図書館が移転することになっており、さらなる需要が見込めるようです。
建物にもこだわりました。閑静な住宅街であることを考慮し、プライバシー性を重視したリモコンで開閉する大きなエントランスゲートを設けました。この設備によって、プライバシー性と高級感を併せ持った提案となりました。
内部の仕様にもこだわりました。キッチンやバスルーム、サニタリーなどの設備には女性目線を取り入れ、使いやすさを追求しました。

税理士自ら賃貸住宅のオーナーとなった今回のプロジェクトについて、山根様は大和ハウス工業を次のように評価いただきました。

点数としては99点です。もうあと1点は、これから深くお付き合いいただける部分だと思っています。これから長いお付き合いをしていただくことによって、ずっと100点であり続けたい。そういう風に思っています。

将来の不安を減らすため賃貸住宅経営を手掛け、事業の多角化に取り組まれる山根様。自らがオーナーとなったことで、今後、山根様のお客さまへの提案にも説得力が増し、さらなるビジネスの発展に結びつくことでしょう。

立地特性を考慮し、最適な計画をすることが成功する土地活用の第一歩です。詳しくは大和ハウス工業へご相談ください。

土地活用ラボニュース!

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ