土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボニュース 大分編

  • 土地活用バリエーション
  • 土地活用の事例集

資産のリスク分散 5階建て賃貸住宅で安定収入を目指す

公開日:2017/09/22

今回は、長年不動産投資を行っていたオーナー様が、将来のリスク分散のために購入していた市街地の土地に中高層の賃貸住宅を建築、安定収入を目指した実例を取材しました。

さまざまな側面から「リスク分散」を踏まえた土地活用

大分県大分市。市の中心部からおよそ5km、自然と生活利便性が共存するこの町に今回の実例「ディモラーレ」があります。
敷地面積およそ276坪。1LDKと2LDK、24世帯が入居できる5階建てRC造の中高層賃貸住宅です。購入時は空き地でした。

このプロジェクトの責任者である大和ハウス工業大分支店集合住宅営業所の田辺省吾は、オーナー様が今回の土地活用に至ったきっかけについて、

「中津市で200戸超という多くの賃貸住宅をお持ちなのですが、リスク分散として大分市内のこちらの土地も購入されていました。大分市に関しては今、大分駅南口の開発など人口・世帯数の安定性が強みになっていることから、中津市一本ではなく大分市内での展開も考えて、こちらの土地を購入されたようです」

と説明します。

さまざまな土地活用の方法がある中で、オーナー様が賃貸住宅経営を選択されたポイントはどこにあるのでしょうか。

「初めはテナントを希望されて、こちらの土地を購入されました。しかし、敷地の大きさや立地条件から、なかなかテナントの誘致が難しく、『賃貸住宅経営に切り替えてはいかがですか』と、当社のほうからご提案させていただきました。ドラッグストア、スーパー、コンビニなど、いろいろな面で利便性がよく、多くの入居者が見込めるエリアであるという市場面での判断もありました」(田辺)

田辺の提案に賛同し、賃貸住宅建設を決断されたオーナー様ですが、大和ハウス工業への依頼は初めてでした。今までは地元の建設業者が建てた賃貸住宅を経営されてきましたが、今回は「リスク分散」ということで大手にも一度依頼してみようということになり、

「『一括借上システム』など経営面での安心感、さらに品質や保障という部分での安心感から、大和ハウス工業を選んでいただけたのではないか」

グループ会社である大和リビングカンパニーズが直接経営。一定の基準条件があります。

と、田辺は話します。

大和ハウス工業が新たに生み出したワンランク上の賃貸住宅「D.RC5」

次に、どんな賃貸住宅を建てるかが重要になります。オーナー様は長期にわたって安定収入を確保できるよう、できるだけ規模の大きな建物を望まれていました。
田辺は土地の形状、高さ制限、地域性などを考慮し、その要望を満たす中高層賃貸住宅を提案しました。
たとえば、こちらの敷地は「日影規制」などがあり、5階建てまでの建物しか建てることができません。さらに、大分市内では駐車場へのニーズが非常に高いという特性もありました。

「こちらの建物は24世帯ですが、駐車場は1住戸あたり1台をしっかり確保でき、それがちょうどはまったというところもあります」(田辺)

今回の5階建て中高層賃貸住宅「D.RC5」は大和ハウス工業が開発した新商品で、本ケースが全国初の完成物件(2017年7月竣工)となりました。「壁式鉄筋コンクリート造」を採用し、高い耐震性はもちろん、柱や梁のないスッキリとした室内空間を生み出します。

完成後の評判は上々と言う田辺に、今回の土地活用について、オーナー様からの評価を尋ねると、

「とりわけ気に入っていただけているところは、一つひとつの設備の品質の高さですね。『ワンランク上。さすが、ダイワハウスさん』と、この一言がやはり一番嬉しかったです」

と、胸を張ります。

土地の周辺環境の今と未来を知る。長く安定した経営をしていくために、資産価値の高い建物を見抜く。そうしたノウハウを持つパートナー企業を選ぶことが、土地活用成功のカギになると言えそうです。

立地特性を考慮することが成功する土地活用の第一歩です。詳しくは大和ハウス工業にご相談ください。

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ